ニュース

各位

平素は当研究会の活動にご協力賜り、ありがとうございます。

次世代薬局研究会2025からの緊急のお知らせです。

第2回薬局団体連絡協議会「国民のための薬局のあり方シンポジウム」

○開催日:10月18日(日):13:00 ~17:00 (ZOOMによるオンライン配信)

○テーマ=Post コロナにおける薬局のあり方

○内容

・主催団体からの提言(3団体からPostコロナにおける薬局の役割を提言)

・基調講演

①「コロナが与えた教訓」~流通の課題と薬局~ ドラビズon-line編集長・菅原幸子氏

②「コロナ禍であらためて考える薬局の役割」医薬品医療機器総合機構・田宮憲一氏

・シンポジウム(田宮憲一、菅原幸子、篠原久仁子、藤田道男、山村真一、鈴木順子)

○お申込み先=https://www.yakudanren.org/symposium

(申し込み欄の所属先には次世代薬局研究会2025とご記入下さい。10月14日締切)

○参加費=3000円(希望者には薬剤師研修センターの研修シールが発行されます)

★次世代薬局研究会2025・医療政策委員会政策懇談会

○開催日:2020年11月8日(日) 午後2時~

○会場:I&H株式会社東京本社(東京都港区虎ノ門1-1-12 10階)

○内容:次世代の医療政策と薬局のあり方を考える医療政策委員会と日本薬剤師会相談役・漆畑稔先生との定期的な政策懇談(今回は第1回目)

○申込み先:次世代薬局研究会2025HPまたは、メールにて0813fujita@catv296.ne.jp

○参加費:無料

★第49回セミナー「Postコロナ 社会インフラとしての薬局づくり」

○開催日:2020年11月15日(日) 午後1時30分~

○テーマ:ゼロから始める在宅医療

○内容:患者さんが24時間365日、自宅で安心して療養できる社会インフラを創るためのノウハウ、および薬局協働事業支援。来年8月から始まる薬局機能分類。地域連携薬局でも在宅関与が必須となっています。本セミナーではきらり薬局の取り組み事例から、ゼロから始める在宅医療のノウハウや薬局経営支援のための協働事業について解説します。

○講師:HYUGA PRIMARY CARE株式会社 きらり薬局代表取締役社長・黒木哲史氏

○お申込み先:次世代薬局研究会HPまたは、メールにて0813fujita@catv296.ne.jp

○参加方法:ZOOMによるオンライン配信

○参加費:無料

★次世代薬局研究会2025協力「薬局活用ハンドブック」のご案内(添付資料あり)

○内容:患者さんにお渡しして、薬局で相談できることを伝える冊子「薬局活用ハンドブック」を制作しました。あまり知られていない薬局で相談できることの説明や、薬剤師の役割の説明のほか、薬の正しい飲み方、よくある疑問なども、可愛いイラストと分かりやすい言葉で紹介しています。患者さんとのコミュニケーションの強化のためにご利用下さい。

○活用法:ハンドブックに薬局名を記載して、来局者に配布することで、貴薬局のかかりつけ化にお役だけください。

○次世代薬局研究会2025が薬局活用ハンドブックの制作に協力しました。

次世代薬局研究会2025会員、および本案内からのお申込みに限り、割引価格が適用されます。定価:200冊セット8000円を特別価格7200円(税別・送料込み)。

○お申込み方法:添付資料参照

〇サンプル:添付資料参照

第2回オンラインセミナー「次世代のための医療政策入門」

当研究会は2020年8月から、薬局・薬剤師業界の識者との意見交換を通じて、過去の重要局面においてキーパーソンがどのように決断し、どのような結果を生み出したかを探ることをねらいにして「次世代のための医療政策入門」をオンライン形式で開催している。

第2回オンラインセミナーでは、一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会会長の池野隆光氏を迎えて、①わが国のヘルスケア全般についての現状認識、② ヘルスケア領域におけるドラッグストアの役割、③ ドラッグストアの社会貢献の現状と今後の可能性、④ 社会保障制度、及びヘルスケアに関する政策課題とドラッグストアの役割についてインタビュー、その後、オンライン参加者(現役薬剤師、学生など)とのディスカッションを行う。

テーマ:「ドラッグストア業界は何を目指しているのか」

講師:池野 隆光氏(一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会会長、ウエルシアホールディングス株式会社代表取締役会長)

モデレーター:日髙 玲於(医療政策委員会委員長)

日時:2020年9月22日(火・祝日)13:00~14:30

第2回オンラインセミナーの開催スケジュール

 13:00 挨拶(一般社団法人次世代薬局研究会 代表 藤田道男)

 13:05 医療政策委員会について(医療政策委員会委員長 日髙玲於)

 13:15 池野隆光会長へのインタビュー(進行:日髙玲於)

 14:00 参加者とのディスカッション

 14:20 まとめ

 14:30 終了

会場:Zoomによるオンライン形式

参加費: 無料(事前登録者に限る)

お申込み方法:(メールでお受けしています)

・所属、ご名前、連絡先(メールアドレス、電話番号)等を明記の上、下記のメールアドレスからお申込み下さい。

mailアドレス : 0813fujita@catv296.ne.jp

※当会のホームページ http://jisedai2025.jpの【セミナー申し込みのページ】からの申し込みもできます。

主催:一般社団法人次世代薬局研究会2025 医療政策委員会

医療政策委員会の目的

社会保障制度改革を踏まえた超高齢社会における薬局・薬剤師のあり方を追求し、次世代を担う薬剤師が成熟社会の構築に貢献するために、医療政策をつかさどり、実行する薬剤師を研修する機会を創出することを目的とする。

医療政策委員会のアドミッションポリシー(求める人物像)

2040年を展望して日本社会に責任を持って実行する者

第2回 薬局団体連絡協議会 国民のための薬局のあり方シンポジウム案内

      テーマ=Post コロナにおける薬局のあり方

 次世代薬局研究会2025、日本コミュニティファーマシー協会、保険薬局経営者連合会の3 団体は、昨年9 月、「薬局が薬物療法と地域のヘルスケアを担うインフラとして貢献する」との理念を共有し、その実現に向けて薬局団体連絡協議会のもとに結集し、「第1 回国民のための薬局のあり方シンポジウム」を開催しました。

 第2 回目のシンポジウムでは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「Post コロナにおける薬局のあり方」を追究します。コロナ渦を教訓に真に患者、地域生活者から信頼される薬局像を探ります。今回は、新たに地域医療薬学研究会が加わり、4 団体の共催となります。「私たちは変わる!」をモットーに共に行動しましょう。皆様方の積極的なご参加をお待ちしております。

開催要綱(案内チラシ)

○開催日:10月18日(日):13:00 ~17:00 (ZOOMによるオンライン配信)

○進行スケジュール

・主催団体からの提言

  日本コミュニティファーマシー協会理事 篠原久仁子

  次世代薬局研究会2025薬局研究会2025代表 藤田道男

  保険薬局経営者連合会代表 山村真一

・新規加入団体からの提言 地域医療薬学研究会代表 鈴木順子

・賛同団体からの提言 薬局支援協会代表 竹中孝行

・基調講演①「コロナが与えた教訓」~流通の課題と薬局~

  株式会社 ドラビズon-line編集長 菅原幸子

・基調講演②「コロナ禍であらためて考える薬局の役割」

  独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 執行役員 田宮憲一

・シンポジウム「『Post コロナにおける薬局のあり方とは』

 シンポジスト=吉岡ゆうこ、藤田道男、山村真一、鈴木順子、菅原幸子、田宮憲一

○参加方法

 ZOOMによるオンライン配信となります。下記URLにアクセスして、お申し込みください。

次世代薬局研究会2025のHPからのお申込みは、所属団体に「次世代薬局研究会2025」とご記入ください。

お申込み先= https://www.yakudanren.org/symposium

○参加費3000円

                             2020年9月3日

                   一般社団法人 次世代薬局研究会2025

次世代薬局研究会2025会員各位

次世代薬局研究会2025と友好関係にある日本コミュニティファーマシー協会のイベント案内です。同協会は、8月30日、第7回コミュニティフォーラム「# コロナに負けるな!」をWEB 開催いたします。今後のWithコロナ時代にどう対応するか、今後の薬局業務に大いに参考になると思われますので、奮ってご参加ください。

                 次世代薬局研究会2025代表理事・藤田道男

■コミュニティフォーラム開催要項

第1部では、新型コロナウイルス感染症に立ち向かってきた各国薬剤師たちに、どのような感染防御策を取り、患者対応に努めてきたのか、そして今後の With コロナ時代(コロナとどうつきあっていくのか)の薬局の対応を語っていただきます。

フィリピンYolanda Robles(フィリピン薬剤師会会長)、台湾Hsuan Lee(Tri-medical Pharmacy)、ドイツアッセンハイマー慶子(JACP理事)、日本・岡田浩(京都大学大学院医学研究科)の4人が登壇します。

第2部では、新しい生活様式を模索する中で、今後どのように ICT を活用し、新しい生活様式を作っていこうと考えているのかを語っていただきます。

 ●参加要項

次世代薬局研究会2025の会員は、日本コミュニティファーマシー協会の会員価格(3000円)で視聴できます。JACP会員番号欄に2025と入力してください。

(1)「第7回コミュニティファーマシーフォーラムWEB」への視聴参加申し込みはこちらのサイトを開きます。

https://www.ja-cp.org/pages-previw.php?id=115

(1)申し込みに進む前に、申し込みの流れ・注意事項などをよく読んでください。

(2)「参加申し込みはこちら」の赤いボタン(JACP会員/3,000円)をクリックします。

(3)メールアドレスとパスワードを入力します。

 (パスワードは何でもよいです。字数制限等はございません。フォーラム当日も必要ですのでメモなどに控えておきましょう。)この画面は閉じずに開けたままにしておきます。

(4)入力したメールアドレス宛に6桁の確認コード(数字)が届きます。

メールを確認すると、開けたままにしておいた申込みサイトに、6桁の数字を入力する欄が表示されます。

(5)6桁の確認コードを入力すると、その後の欄に入力ができるようになります。

(6)次世代薬局研究会2025の会員は、JACP会員番号欄に2025と入力します。

(6)申し込みを済ませると、メールアドレス宛に確認メールが届きます。

   ここで申込サイトは閉じても大丈夫です。

(7)メールアドレス宛に第7回コミュニティファーマシーフォーラムの参加申込を受け付けましたというメールが届きます。お支払いが済んだ方は、開催までの詳細情報をクリックすると「第7回コミュニティファーマシーフォーラムご参加の皆様」というページが開きます。

   マイページを参照してください。

一般社団法人 次世代薬局研究会2025「医療政策委員会」 

第1回オンラインセミナ「次世代のための医療政策入門」

趣旨 ; 一般社団法人 次世代薬局研究会2025「医療政策委員会」による次世代の医療政策および薬局・薬剤師のあり方を探る研修の一環としてのオンラインセミナー。

(一社)次世代薬局研究会2025は、2025年、2040年を見据えた社会保障制度のあり方と薬局・薬剤師の役割・機能に関する政策を研究するため、若手薬剤師による「医療政策委員会」を設置した。

趣旨は、高齢者人口の増加、社会保障財源の見通し、人材を中心とする医療資源の確保、ICT活用等を踏まえ、近未来の医療政策と薬局・薬剤師のあり方に関する医療政策を研究することにある。

今後、海外事例等も含め、オンライン、リアル研修等をシリーズで開催する。シリーズ第1回目となる「次世代のための医療政策入門」オンラインセミナーでは、薬局・薬剤師業界の識者との意見交換を通じ、過去の重要局面においてキーパーソンがどのような決断をし、どのような結果を生み出したのかを探る。

テーマ: 薬局・薬剤師政策の推移を探る

    -重要局面で当事者はどう動いたかー

講師 : 日本薬剤師会相談役・漆畑稔氏

    ファシリテーター:医療政策委員会委員長・日髙玲於

日時 : 2020年8月2日 14時~16時

配信 : ㈱エニイクリエイティブ会議室(東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F)

よりZOOMによる同時配信

参加者: 若手を中心とした薬局・薬剤師関係者、薬学生

参加費: 無料(事前登録者に限る)

お申込み方法: (メールでお受けしています)

・所属、ご名前、連絡先(メールアドレス、電話番号)等を明記の上、下記のメールアドレスからお申込み下さい。

mailアドレス : 0813fujita@catv296.ne.jp

※当会のホームページ http://jisedai2025.jpの【セミナー申し込みのページ】からの申し込みもできます。

主催 : 一般社団法人 次世代薬局研究会2025・医療政策委員会

イベント延期のお知らせ

一般社団法人 次世代薬局研究会2025は、新型コロナウィルス感染防止を図るため、3月5日の「ハラスメント対策セミナー」(於:東京)、3月8日の中部支部イベント「患者さんとの交流会」(於:名古屋)をいずれも延期します。新型コロナウィルスが終息した時点で、開催日程を決定します。

2020年3月1日 
(一社)次世代薬局研究会2025

一般社団法人 次世代薬局研究会2025 イベントのご案内

薬局・薬剤師のあり方は大きな転換期を迎えています。昨年12月に公布された改正薬機法では、投与後の継続的把握と薬学的指導が追記されるなど、患者中心の業務遂行が明記されました。2020年度調剤報酬改定でも「対物」から「対人」へのシフトがより鮮明になります。
次世代薬局研究会2025は、薬局業界を取り巻く環境変化に対応し、地域生活者・患者から信頼され、選ばれる薬局づくりを目指して活動を展開して参ります。下記に直近の活動計画をご案内しましたので、ご参加頂きますようお願いいたします。

■調剤報酬改定緊急セミナー (資料)

内容:調剤報酬改定及び薬機法改正に伴う薬局・薬剤師への影響と対応策
日時:2020年2月29日(土) 18:00~20:00
会場:連合会館(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
講師:藤田道男(一般社団法人 次世代薬局研究会2025代表)
参加費:5000円 但し次世代薬局研究会2025会員、薬学生は無料 (懇親会参加費は4000円)

■ハラスメント対策セミナー ~ハラスメントに対する正しい理解と予防策~ (資料)

内容:職場におけるパワーハラスメント・セクシュアルハラスメントに焦点を当て、起こらない職場づくり、起こってしまった際の対処法などについて解説します。その上で、経営者にとっての賠償リスクなどに対応する補償制度もご紹介いたします。
日時:2020年3月5日(木)15:00~17:00
会場:汐留ビジネスフォーラム(東京都港区東新橋1-1-21今朝ビル5F)
講師:今井 慎(社会保険労務士・キャリアコンサルタント)
   山本俊樹(インテグリティ㈱取締役)
参加費:次世代薬局研究会2025会員2000円、一般5000円(懇親会参加費は5000円)
※当セミナーは一般社団法人SCM共同ネット研究会との共催です。

■次世代薬局研究会2025・中部支部交流会 ~患者さんと考える薬局像~ (資料)

内容:薬局が真に患者さんから信頼され、健康問題のファーストアクセスの場として認知される存在となるため、患者さんの声に耳を傾け、ともに明日の薬局像を目指します。
日時:2020年3月8日(日)13:30~17:00
会場:タイムオフィス名古屋駅前店4階 Time DE
(名古屋市中村区名駅2-41-10 アストラーレ名駅 4階)
第1部:基調講演:必要とされるために薬局がやるべきこと
講師:鈴木信行氏(患医ネット代表)
第2部:SGD(スモールグループディスカッション)
    テーマ:患者さんから必要とされるために、薬局がやるべきことは何か
参加費:一般2000円、薬学生500円(但し、次世代薬局研究会2025会員は無料)
   ※当日入会申込者は会員扱いとなります。(懇親会参加費は一般4000円、薬学生2000円)

●申し込み方法

参加するイベントと参加者の所属、氏名、連絡先(アドレス、電話番号)を明記の上、
下記メールにてお申込み下さい。アドレス : 0813fujita@catv296.ne.jp  
または、mct.miyamoto@hyper.ocn.ne.jp
なお、次世代薬局研究会2025のホームページ http://jisedai2025.jpの【セミナー申し込み欄】でもお受けします。
参加費お支払方法
・調剤報酬改定緊急セミナーと中部支部交流会の参加費は当日会場にて申し受けます。
・ハラスメント対策セミナーは申し込み後、下記口座へ事前のお振込みをお願いします。
銀行名:三菱東京UFJ銀行 田町支店 普通 0212496
口座名:一般社団法人SCM共同ネット研究会 代表理事 滝沢保男

○薬局経営者・開設者部会 1月26日に開催

薬局経営者・管理者部会を2020年1月26日に開催します。同部会は11月17日に開催予定でしたが、諸般の事情で延期されましたので、今回改めてご案内いたします。同部会は、4回シリーズの最終回となります。
最終回は、薬局にとって喫緊の課題となっている「対人業務の充実」と「業務の効率化」に焦点を当てました。具体的には株式会社カケハシの電子薬歴システム「Musubi」の紹介と薬局における導入事例の発表と2020年調剤報酬改定の最新情報を報告します。
「Musubi」は、患者さんと真剣に向き合う薬剤師をサポートする「完全次世代型の電子薬歴システム」として開発されました。薬剤師は、患者さんと一緒に「Musubiのタッチ機能付き端末画面を見ながら服薬指導を行い、その内容は自動で薬歴のドラフトとして残ります。これにより、個々の患者に応じた最適な服薬指導が充実するほか、閉局後の薬歴作成が大幅に短縮され、残業の軽減など業務効率化に寄与します。導入費用やレセコンとの連動など、費用対効果も含め、皆さまに納得いただけるシステムとしてご紹介できるものと確信しております。
調剤報酬関連では薬機法改正との絡みも含め、今後の薬剤師業務及び薬局経営のあり方について解説します。
薬局経営者・管理者部会の皆さまは参加・不参加の有無の返信を下記アドレスまでにお願いいたします。

〔開催要項〕
○第4回薬局経営者・管理者部会
・日時:2020年1月26日(日曜日) 13:30~17;30(受付13:00~)
・会場:学校法人医学アカデミー 薬ゼミトータルラーニング事業部
   東京都千代田区神田錦町3-18-3 錦三ビル5階
・内容
 ①次回調剤報酬改定及び薬機法改正の対応
 ②「対人業務の充実」「業務効率化」を実現する電子薬歴システム
 ③電子薬歴システム「Musubi」の導入事例発表
・特典:参加1回に付き日本薬剤師研修センターの認定薬剤師の研修受講シール2単位を取得
できます。
・懇親会:終了後、懇親会を行います。講師の方をはじめ、参加者相互の交流を深めて頂きたい
と思います。
○お申込み方法
返信用アドレス=0813fujita@catv296.ne.jp
または、mct.miyamoto@hyper.ocn.ne.jp(事務局・宮本宛)

○障がい者が製作する石鹸等の取り扱いパイロット店舗募集(2019年12月)

長野県・佐久市の「石鹸屋ねば塾」では障がい者の自立支援を目的に、石鹸やシャンプーを製造しています。障がい者によるこの種の取り組みは各所に見られますが、ねば塾の特徴は、国や自治体の補助金を一切受けずに、独立採算で営んでいる点です。
自然の素材、無添加等を謳う商品は数多くあり、ねば塾だけのものではありませんが、これを扱うことで薬局が間接的に障がい者支援ができることに意義があると考えます。ねば塾では薬局関係で取り扱ってくれる施設を探してしており、いわばアンテナショップ的な位置づけを考えています。
小さな事業体ですので、配送は宅配便になります。売れなかったら「自家消費」でも良いのではと思います。
石鹸ですから置いただけでは目立たなく、POPなどを有効に使うことが必要です。
「なぜ、ねば塾の石鹸なのか」というような会話が成り立てば、それを機会に話題が広がるのではないかとも思います。
次世代薬局研究会2025として、ねば塾の取り組みを支援していきたいと考えておりますので、会員諸氏のご協力をお願いいたします。
ねば塾は各種石鹸のほか、ヘアケア製品、基礎化粧品等を製造しています。取り扱いのお申込みを戴きましたら詳しい情報をお知らせします。

※お申し込み先=次世代薬局研究会2025代表理事・藤田=0813fujita@catv296.ne.jp
または副代表・宮本=mct.miyamoto@hyper.ocn.ne.jp

○委員会制度を会員全体に拡充します(2019年12月)

次世代薬局研究会2025では、若手薬剤師部会の中に委員会制度を設けています。それぞれの委員が所属薬局の垣根を越えて、課題に取り組み、その成果を全員で共有するものです。その目的は、厳しい環境下にある薬局の底上げを図り、地域におけるヘルスケアの担い手として確固たる立場を構築することにあります。
この度、委員会制度の拡充を図り、次世代薬局研究会2025会員すべてを対象とした委員会制度に改編することと致しました。薬局の底上げを図る上では、若手薬剤師の取り組みに加え、薬局経営者・管理者、関係業種の協働が必要と考えたからです。
既存の委員会が核になりますが、希望により新たに設置する委員会もお受けいたします。皆さまのご参加をお待ちしています。
薬局薬剤師は、対物業務から対人業務への転換が求められるなど、大きな変革期にあります。すでに理論・理屈の段階を超え、具体的な行動に移す時期に来ています。次世代薬局研究会2025の委員会活動に参加して、あるべき薬局薬剤師像を追究していきましょう。

現時点での委員会は以下の通りです。参加申し込みは、次世代薬局研究会2025本部までお申し越し下さい。
※現在の委員会(複数の委員会所属可、別途新設も可能)
○広報委員会 ○国際医療委員会 ○在宅医療推進委員会 ○お手帳持参促進委員会 ○かかりつけ薬局・薬剤師委員会 ○面処方獲得委員会 ○在宅委員会 ○健康サポート薬局委員会 ○地域包括ケアシステム委員会 ○マニフェスト作成委員会 ○有害事象・プレアボイド委員会 ○服薬期間中フォロー委員会 ○薬剤師介入エビデンス委員会 ○保険外・物販事業委員会 ○高度薬学管理委員会 ○在庫管理委員会 ○海外情報提供委員会 ○国際委員会
※委員会参加申し込み
アドレス : 0813fujita@catv296.ne.jp  又はmct.miyamoto@hyper.ocn.ne.jp
※当会ホームページ http://jisedai2025.jpの【セミナー申し込みページ】でもお受けしています。

一般社団法人次世代薬局研究会2025
代表 藤田道男   
〒177-0031 東京都練馬区三原台3-5-33
連絡先
0813fujita@catv296.ne.jp
mct.miyamoto@hyper.ocn.ne.jp