2019年 7月

若手薬剤師部会「委員会活動報告会」開催案内

一般社団法人 次世代薬局研究会2025の若手薬剤師部会を8月11日に開催します。若手薬剤師部会は昨年11月に発足し、今年4月で第4クールを終了しました。
若手薬剤師部会は、「若手薬剤師の活性化を通じて薬局業界の意識改革と行動変容を促す」ことを目的に、目指すべき薬剤師像、薬局像を明確にし、各種委員会活動を中心に成果を生み出すための活動を行っています。
今回は、各種委員会活動の報告を中心に、さらなる課題や成果を関係者全員が共有することを目的としています。
薬局は対人業務へのシフトや健康サポートへの対応、さらに次期国会における薬機法改正等、大きな変革期にあります。この時に当たり、全ての薬局関係者が当事者意識を持ち、地域生活者に支持される薬局を目指すための行動を起こす必要があります。
若手薬剤師部会の各種委員会活動はそのための大きなステップになると考えます。
皆さまの参加をお待ちしています。

開催要項
日時: 2019年8月11日 13:30~18:00
会場:薬学ゼミナール 新宿教室 Room1(会場地図
(〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー4F)
参加費:次世代薬局研究会2025会員、薬学生=無料
   非会員=5000円
概要
若手薬剤師部会 各種委員会活動報告
①お薬手帳持参促進委員会 ②面処方箋獲得委員会 ③国際事業委員会
④服薬期間中フォロー委員会 ⑤面処方箋獲得委員会 ⑥マニフェスト作成委員会
⑦広報委員会 ⑧保険外・物販事業委員会 ⑨在宅委員会 等
 
○次世代薬局研究会2025からの問題提起、全体討論
○終了後 懇親会(参加費:4000円)

申し込み・問い合わせ先
0813fujita@catv296.ne.jp または mct.miyamoto@hyper.ocn.ne.jp  
または yoshimura@pharma-soken.co.jp

参加者の皆様へお願い
①問い合わせは事務局へ
シンポジウムに関する確認あるいはお問い合わせ等は、薬学ゼミナール 新宿教室ではなく、必ず当会事務局(mobile:080-1129-9805、またはmct.miyamoto@hyper.ocn.ne.jp)にご連絡ください。
②会場では静粛に願います
シンポジウム会場の薬学ゼミナール 新宿教室では、開催当日も学生の方々が自習をしていますので、迷惑にならないよう、ご配慮をお願いします。

第1回薬局団体連絡協議会シンポジウムのご案内

保険薬局経営者連合会 、日本コミュニティファーマシー協会、次世代薬局研究会2025 の3団体は、「薬局・薬剤師が地域のヘルスケアを担うインフラとして貢献する」という理念を共有し、その実現に向けて、薬局団体連絡協議会のもとに結集することを決意しまた。それぞの団体の独自性を尊重しつつ、共通アクションプランを実践し、地域生活者・患者に信頼される薬局のあり方を追究します。
その第1弾として9月29日(日)12時30分より、品川プリンスホテルで「国民のための薬局のあり方シンポジウム」を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。(ご案内チラシ参照)

日時:2019年9月29日(日)12:30~17:00(受付11:30~)
会場:品川プリンスホテル メインタワー
参加費:8000円(懇親会含む、シンポジウムのみ参加は5000円)
※先着150名まで

内容
○開会(12:30~)
大会長挨拶・趣旨説明 保険薬局経営者連合会代表:山村真一
○基調講演(12:40~)
①薬局が瀬戸際を乗り越え患者に必要とされるためには
ささえあい医療人権センターCOML理事長:山口育子
②医薬分業「失われた40年」からの脱却
健康保険組合連合会理事:幸野庄司
○シンポジウム「国民のための薬局のあり方とは」(14:00~)
座長:次世代薬局研究会2025理事:吉村磯孝
・次世代薬局研究会2025代表:藤田道男
・コミュニティファーマシー協会代表:吉岡ゆうこ
・保険薬局経営者連合会代表:山村真一
・薬剤師あゆみの会代表:狭間研至
・ささえあい医療人権センターCOML理事長:山口育子
・健康保険組合連合会理事:幸野庄司
・厚生労働省保険局医療課 薬剤管理官:田宮憲一
○共同宣言・閉会挨拶
次世代薬局研究会2025代表:藤田道男
○親睦会(17:00~18:30)

お申込み方法
参加費 8000円(シンポジウム+懇親会参加)
    5000円(シンポジウムのみ参加)
どちらかを選択してください。参加費は当日受付。
所属団体 次世代薬局研究会2025
所属企業
参加者氏名
住所
電話
メールアドレス

上記を記載の上
info@yakukeiren.com
までお申し込みください。