次世代薬局研究会2025からのお知らせ

各位

平素は当研究会の活動にご協力賜り、ありがとうございます。

次世代薬局研究会2025からの緊急のお知らせです。

第2回薬局団体連絡協議会「国民のための薬局のあり方シンポジウム」

○開催日:10月18日(日):13:00 ~17:00 (ZOOMによるオンライン配信)

○テーマ=Post コロナにおける薬局のあり方

○内容

・主催団体からの提言(3団体からPostコロナにおける薬局の役割を提言)

・基調講演

①「コロナが与えた教訓」~流通の課題と薬局~ ドラビズon-line編集長・菅原幸子氏

②「コロナ禍であらためて考える薬局の役割」医薬品医療機器総合機構・田宮憲一氏

・シンポジウム(田宮憲一、菅原幸子、篠原久仁子、藤田道男、山村真一、鈴木順子)

○お申込み先=https://www.yakudanren.org/symposium

(申し込み欄の所属先には次世代薬局研究会2025とご記入下さい。10月14日締切)

○参加費=3000円(希望者には薬剤師研修センターの研修シールが発行されます)

★次世代薬局研究会2025・医療政策委員会政策懇談会

○開催日:2020年11月8日(日) 午後2時~

○会場:I&H株式会社東京本社(東京都港区虎ノ門1-1-12 10階)

○内容:次世代の医療政策と薬局のあり方を考える医療政策委員会と日本薬剤師会相談役・漆畑稔先生との定期的な政策懇談(今回は第1回目)

○申込み先:次世代薬局研究会2025HPまたは、メールにて0813fujita@catv296.ne.jp

○参加費:無料

★第49回セミナー「Postコロナ 社会インフラとしての薬局づくり」

○開催日:2020年11月15日(日) 午後1時30分~

○テーマ:ゼロから始める在宅医療

○内容:患者さんが24時間365日、自宅で安心して療養できる社会インフラを創るためのノウハウ、および薬局協働事業支援。来年8月から始まる薬局機能分類。地域連携薬局でも在宅関与が必須となっています。本セミナーではきらり薬局の取り組み事例から、ゼロから始める在宅医療のノウハウや薬局経営支援のための協働事業について解説します。

○講師:HYUGA PRIMARY CARE株式会社 きらり薬局代表取締役社長・黒木哲史氏

○お申込み先:次世代薬局研究会HPまたは、メールにて0813fujita@catv296.ne.jp

○参加方法:ZOOMによるオンライン配信

○参加費:無料

★次世代薬局研究会2025協力「薬局活用ハンドブック」のご案内(添付資料あり)

○内容:患者さんにお渡しして、薬局で相談できることを伝える冊子「薬局活用ハンドブック」を制作しました。あまり知られていない薬局で相談できることの説明や、薬剤師の役割の説明のほか、薬の正しい飲み方、よくある疑問なども、可愛いイラストと分かりやすい言葉で紹介しています。患者さんとのコミュニケーションの強化のためにご利用下さい。

○活用法:ハンドブックに薬局名を記載して、来局者に配布することで、貴薬局のかかりつけ化にお役だけください。

○次世代薬局研究会2025が薬局活用ハンドブックの制作に協力しました。

次世代薬局研究会2025会員、および本案内からのお申込みに限り、割引価格が適用されます。定価:200冊セット8000円を特別価格7200円(税別・送料込み)。

○お申込み方法:添付資料参照

〇サンプル:添付資料参照

一般社団法人次世代薬局研究会2025
代表 藤田道男   
〒177-0031 東京都練馬区三原台3-5-33
連絡先
0813fujita@catv296.ne.jp
mct.miyamoto@hyper.ocn.ne.jp